印刷プレビュー
月刊商人舎 2016年06月

伊藤雅俊と鈴木敏文の「店は客のためにある」

「お客様のお蔭」vs「お客の立場」を分析する

2016年06月10日

㈱セブン&アイ・ホールディングスの二つの巨星。伊藤雅俊 91歳。イトーヨーカ堂創業者、セブン&アイ名誉会長。       鈴木敏文 83歳。セブン-イレブンの実質的創業者、いま、セブン&アイ名誉顧問。この対照的な二人の経営者は、ずっと考え方をスパークさせてきた。とくに「店は客のためにある」の観点からの二人の立ち位置の違いは鮮明だった。しかし私は現在の日本第2の小売流通業は、その火花を原動力にして成長してきたと考える。(以下、文中敬称略)      ◇ ◇ ◇ 鈴木敏文退任劇 ◇ ◇ ◇ 2016年の年が明けて、1月4日、セブン&アイ・ホールディングスから、恒例の年頭所感が発表された。鈴木敏文代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)の署名がある。ここで、「チェーンストア理論からの脱却」と「オ…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください