印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル・インフォメーション・システム論(60)韓国の野菜工場を見てきました

2018年07月10日

先日、野菜工場の視察をしに、韓国に行ってまいりました。場所はソウルから1時間半ほど韓国新幹線で南に向かった全州です。韓国新幹線(KTX)は、フランス新幹線(TGV)の技術を全面的に導入していて、営業運転での最高速度は310km/h。日本の新幹線よりも速いです。速さだけでなく、走行時の安定性がよく、日本の新幹線みたいにトンネルやすれ違いの時に揺れることがなく、とても快適でした。カーブが少なく、また車幅が狭く、線路間も広いので、と言い分はありますが、結果的に日本よりも良いと認めざるを得ないレベルでした。まず「農産貿易」社のパプリカ工場を見に行きました。パプリカ工場自体は、オランダの技術で、韓国はその技術をおよそ20年前に輸入して、政府のバックアップのもと、大成功を納めています。ちなみにオランダは世界一のパプリカ…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください