印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル・インフォメーション・システム論(55)アイティー業界を真の人間産業に

2018年01月24日

私はダイエーを2004年に退職、独立してから13年が経ちますが、今でも店で働いていたころはよかったな、と当時を思い出します。もちろん店の仕事はラクでもなく、給料も大したことはありませんでしたが、毎日、多くのお客さまが来店し、セルフサービスとは言え、一旦売場に立てば、常にお客さまから声がかかり、商品のことやサービスのことやすぐその場で対応しなければなりませんでしたが、毎日の繰り返しの中で、接客業の基本は身についていったのだと思います。相手の言う真意をただちにくんで、すぐ返答すること、いつも明るくハキハキしていること、行動はキビキビして、常に動いていること、などなど。店で働いていると「当たり前」に身につくことが、こんなに人生にとって大切なことであったのかと、今更ながら痛感します。■アイティー業界…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください