印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル情報システム論(73)日本の強みを追求する―1.個人技を育てる 2.見える化、仕組み化 3.それ以外は効率化

2019年09月06日

最近私は、名古屋地区で製造業のシステムのお手伝いをすることが多くなっています。大手製造業はお金も人もいて、設備やシステムに投資し、また現場のオペレーション教育もよく徹底されています。しかしその下請けや孫請けとなる会社はそのような余裕もなく、なかなか業務改善が進んでいないのが実態です。そんななかでも生き残っている中小企業は、その企業でしかできないオンリーワンの技術を持っています。逆にそのような技術を持っていない会社はすでに淘汰されているようです。 中国の製造業の工場に行ってみると、平均年齢は20代。工場にはロボットが導入され、IoT の技術を駆使し、生産管理を行い、効率を上げています。一方で日本の工場は明らかに見劣りし、古臭い機械と古いマネジメントが残っていて、そこから脱出するのに苦労しているのが…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください