印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル情報システム論(70)今こそITを勉強しよう

2019年06月05日

IT は今や専門家だけのものではありません。IT は使いこなせればいいや、という考えも前時代的だと思います。誰もが、IT の基本的な知識を持っていなければ、社会人としてダメな時代に突入しました。 特に、データやネットワークやプログラミングについては重要です。データについては、データの格納の仕方とデータの形式について知ることが基本です。   データの格納 データの格納場所はデータベースかファイルかになります。データベースはデータを取り出したり入れたりするプログラムと一体になった格納の仕組みです。そのプログラムはSQLと呼ばれています。データの格納場所はテーブルと呼ばれています。SQL は勉強すれば中学校程度の知識で、1週間程度で基本的なことは習得できます。 データが格納されているテーブルは、自由に中を見る…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください