印刷プレビュー
月刊商人舎 2022年01月

 [予言1]消費とMerchandisingの変質 


「禁欲円」と「享楽円」のコストパフォーマンスを高めよ!

2022年01月11日

 コロナ禍後の不可逆的な消費と需要の変容  ポストコロナ時代に、商売の原動力となる「マーチャンダイジング」はどう変わるか。 あまりにも有名なフィリップ・コトラーのマーケティング・ミックスの4Pの中に、マーチャンダイジングを示す3つのPがある。 4Pとは第1にProduct(プロダクト・商品)、第2にPrice(プライス・価格)、第3にPlace(プレース・流通)、そして第4にPromotion(プロモーション・販売促進)と定義されている。 この4つのPのうちの、商品と価格と流通をミックスさせたものがマーチャンダイジングである。マーチャンダイジングとプロモーションの組み合わせによって、マーケティング・ミックスが完成する。企業サイドから見た考え方で、教科書的ではあるが、これが体系を示している。 顧客サイドから見ると、バート・ラウタ…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください