印刷プレビュー
経営

新谷千里の「お客と社員に支持される生産性向上策」(43)頑張らないから、結果が出る⁉業務改善コンサルからの提言!

2019年10月16日

私は今まで、頑張っているけど結果が出ない人を多く見てきました。 朝から晩まで、黙々とやっている人。そして、場合によっては休日出勤や仕事を自宅に持ち帰って処理する人。当然、家族も多かれ少なかれ、その影響を受けることになります。 「あの人は、頑張っているね」という評価をする人もいますが、はたして本当にそうなのでしょうか? 農耕民族である日本人は「朝から晩まで働くこと」を美徳と考えられていました。「お隣の○○さんは、よく働くね」と言ったようなものです。その行動は本人に対する信頼にも繋がっていたとも思います。 しかし、今は令和の時代に入りました。明治や大正、昭和初期の時代ではありません。家族のあり方だって、価値観だって、まったく変化しています。 そして、働き方改革が叫ばれる時代です。 農家だって特別…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください