印刷プレビュー
経営

新谷千里の「お客と社員に支持される生産性向上策」(42)データの見える化で、がっちり稼ぐ⁉

2019年09月13日

「データ」と「情報」は違います。 データを目的に合わせて活用できるように加工したものが情報です。さらに、情報を図表など活用して見やすくするのが見える化です。いずれも、経営判断をしやすくすることがその目的です。 データは都合のいいように加工することができますので、注意は必要ですが、正しく目的をもって使えば大きな成果につなげるための重要な役目を持つことになります。 ■商品ライフサイクルの活用 データは点で見るのと線で見るのとでは、大きな違いがあります。 たとえば下の表ですが、野菜のアイテム別ライフサイクル表です。細かい解説をするまでもなく、月別にどのような売上高の推移をしているかが、容易に理解することができます。 このライフサイクル図は、MD計画を立てるときなどに重要な指標になります。この帳票…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください