印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル・インフォメーション・システム論(57)売変率を1%改善する

2018年04月10日

■売変コントロール小売業の収支バランスを左右するのは、間違いなく売変でしょう。予定通り正価で売り切れば、収支は間違いなく黒字となり、非常に儲かる商売です。しかし実際には、鮮度やシーズン、新商品導入のため、終売に近づくにつれ、値下げ販売をせざるを得ないのが実情です。顧客も値引きセールは当たり前と思って、バーゲンを待っています。このような中で、予定された売変をどのようにコントールするかが、一大利益改善のポイントになってきます。例えば年商100億円の小型スーパーマーケットチェーンにおいて、1%の売変の改善は、1億円の純利益に転化します(粗利ではなく最終利益)。これらを考えれば、「売変コントロールの仕組み」をどのようにつくるかは、大変重要なことになります。10%引きするなら、消費税(8%)還元サービスの方が…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください