印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル・インフォメーション・システム論(52)不良在庫をコントロールする

2017年10月10日

衣料品を扱う店はすべからく、シーズン在庫のコントロールに苦労していると思います。売れてこそ売上げが生じるわけですが、売上げがあるからといって、利益があるとは限りません。売価還元法で在庫原価を計算していると、仕入れの時に、値入れが在庫に加算されて、あたかも「利益を生む」低い原価率になります。ところが売れなくなって、シーズン末になるに従い、売変が多くなり、原価率が高くなります。ひどい場合には、ついには原価率が100を越え、売上げが欠損にダイレクトに結びつくなんてこともあります。高い値入れを狙って、買取契約をした上に、このような事態に陥ると返品もできず、取引先に"借金" するケースにも遭遇してきました。このようなことが起こる原因はいろいろありますが、どのように対処すべきでしょうか。1. 財務データ(売…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください