印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル情報システム論(91)改めて顧客情報を使った新しい販売データの基本分析を

2021年06月09日

おおよそ5年前、顧客情報を使った新しい販売データの基本分析についてお話ししました。この5年の間にインターネットビジネスが本流になり、コロナ禍の後押しもあって、リアル店舗もインターネットを通じて通販や配達をする小売業が普通となりました。 売上構成の方程式 インターネットの世界では顧客は自身のIDを使って注文し、配達先の住所や支払いのクレジット情報を登録するので、注文情報と合わせ、顧客データを管理するのが普通です。このようなこともあって、現在の小売業では顧客を識別するIDを得ている会社が多くなりました。ハウスカードなどのポイントカードも含めると、顧客の8割から9割までカバーできるようになっています。 顧客に紐づく販売情報が取れるようになると、売上げを構成する要素の方程式が変わってきます。一番昔は…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください