印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル情報システム論(90)2025年からのRFIDタグに期待

2021年04月08日

小売業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を決定的にするのは、おそらく2025年に始まる、コンビニ大手各社のRFIDタグ導入であることは間違いありません。皆さんもすでにご存知かと思いますが、2017年に経済産業省と大手コンビニ5社(セブン‐イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、JR東日本リテールネット)が「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表しました。これには、2025年を目処にすべての商品にRFIDタグを付けることが計画されています。  RFIDとDX  RFID (Radio Frequency IDentifier)とは、価格や賞味期限などの商品情報を埋め込んだICタグから電波などを用いた方法でその情報を読み取ることができる技術全体のことを言います。従来のICタグは、複数の回路で構成されていて、1cm弱四方くらいの大き…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください