印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル情報システム論(78)システム経営への道筋

2020年03月06日

小売業において、というよりもすべてのビジネス競争において、低コスト化は永遠のテーマだと言っていいでしょう。コンピュータの仕事を長らくやっていると、何のためのシステム化であるか、改めて考えさせられることが多いのです。 コンピュータ導入の費用対効果 デジタルトランスフォーメーションという言葉が流行っていますが、単にコンピュータを導入するだけではまったくダメです。「コスト」面だけを見ると、コンピュータの導入によって、人件費を削減したいし、お金のかかる手組み開発よりもパッケージを導入した方が安い、と判断してしまいがちです。 ところが現実を見ると、コンピュータを導入することによって、コンピュータが正しく動いているか、あるいはトラブルが起こった場合に備えて、運用監視をする追加人員が必要となり、結局大し…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください