印刷プレビュー
IT・システム

當仲寛哲のリテイル情報システム論(65)衣料品の在庫管理の基本

2019年01月09日

衣料品は食品に比べて、販売単価が高く、値入れ率も高いので、うまくいけば売上げ、利益ともに向上し、稼ぎ頭になり得ます。高度経済成長時代においては、総合スーパーは食品を低価格にして集客し、衣料品で稼ぐといったモデルがありました。 その後時代が変わり、総合スーパーという業態そのものがうまくいかなくなり、代わりに衣料品専門チェーンが大きなシェアを持つようになり、さらには専門ネットストアが興隆してきました。百貨店アパレルも苦戦しているとはいえ、依然として一定の支持を受けています。実用衣料を中心に、衣料品の製造技術も上がり、専門店でなくても、良い商品が並び、これもまた売れています。衣料品は「ファッション」性が高く、利益率も高いので、ある一時期に他業態がブームになって、負けたと思っても、時代が変われば、…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください