印刷プレビュー
月刊商人舎 2018年02月

 巻末学術的研究論文 


ポスト・モダンの店長論

チェーンストア現代化の中のリーダーシップ・マネジメントの考察

2018年02月09日

㈱商人舎 特任研究員   嶋内 仁 Ⅰ.ポスト・モダンとは何か?ピーター・ドラッカーは言う。「17世紀の半ば以降350年にわたって、西洋はモダンと呼ばれる時代を生きてきた。19世紀にはその西洋のモダンが、全世界の哲学、政治、社会、科学、経済の規範になり、秩序となった。だが今日、モダンは現実的ではない」(『テクノロジストの条件』)。「17世紀の半ば以降」というのは、ルネ・デカルトの登場以降という意味である。デカルトによって、モダン(近代合理主義)が始まったのである。ドラッカーは、また、「デカルトは『我思う。ゆえに我あり』と言った。今やわれわれは『我見る。ゆえに我あり』と言わなければならない」(『新しい現実』)と書いている。デカルトの「我思う。ゆえに我あり」は、自分が何かを考えたのなら、少なくとも自分が存在し…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください