印刷プレビュー
月刊商人舎 2016年10月

情報・統計リテラシーと情報責任

2016年10月11日

情報に対する態度は、あまりに粗雑である。データに対する感性は、鈍感すぎる。ビッグデータに対しては、無頓着すぎる。あるいは臆病すぎる。          これらの企業姿勢や          組織体質に行き当たるとき、          故ピーター・ドラッカーの          慧眼には          心底、驚かされる。㈱商人舎代表取締役社長 結城義晴     Prologue  ――――――――― ドラッカーの「情報リテラシー」とは?2002年の著作『ネクスト・ソサエティ』。その第3章のタイトルは、そのものずばり、「コンピュータ・リテラシーから情報リテラシーへ」。まず「コンピュータ・リテラシー」はドラッカーとIBM創業者のトム・ワトソンとの造語である。「読み書き算盤」のようなものをliteracyというが、コンピュ…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください