印刷プレビュー
月刊商人舎 2016年09月

 特別対談 石原靖曠×結城義晴 


日米チェーンストアの「賢者は歴史に学ぶ」

2016年09月09日

 第3部  日米小売業の難問解決 標準化7割・地域対応2割、そして……  結城 最後に、アメリカと日本のチェーンストアや小売業の将来はどうなるのでしょう。 石原 今、日本でも起こっていますけど、ひとつはネット販売にどれくらい食われるかという点です。もうひとつは、中古品販売ですね。アメリカにもラスベガスなどにチラホラと出てきてはいるのですが、日本のほうが進んでいます。 結城 アメリカでは百貨店のオフプライスストアが伸びています。ノードストロームからメイシーズ、ニーマンマーカス、サックスフィフスアベニュー、そしてコールズまで。あれも中古品マーケットですか。 石原 実はちょっと違うマーケットです。日本の中古品店の仕入れ先はすべて個人です。これは今後、問屋やメーカーが、ものすごく影響を受けると思うんです…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください