印刷プレビュー
月刊商人舎 2016年07月

㈱万代副会長・㈱万代リテールホールディングス社長


山下和孝独白

「商売の鬼」が吐露する万代know-howの全形成プロセス

2016年07月11日

万代に入社したのは30歳だった。前の会社では営業を担当したが、自分には飛び込みセールスができない。営業には向いていないと考えて、万代に入った。最初は農産を担当した。その頃、万代は、皆、若かった。チーフはほとんどが10代だった。年下の社員から指示されると腹が立って、何度も辞めようかと思った。でも年上のチーフが異動してきて「万代で一緒にやろうや」と言われて残った。その人のおかげで、今の私がある。振り返ると、ほんとうに人とのめぐり合わせがよかった。人生の節目節目で社内の人に助けられた。最初に配属された富木店では、2年目でチーフ、5年目の35歳で店長に昇格した。その時も、仲間に恵まれた。「山ちゃんが店長になったら思い通りにしたらいい。皆、協力するで」って、一緒に頑張ってくれた。売上げは倍々ゲームで伸び、3年…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください