印刷プレビュー
月刊商人舎 2015年07月

フードからミールへの提言

ただひとつ「できたて」を売れ!

2015年07月10日

日本フードサービス専門学院学院長  林廣美                             順調に売上げを伸ばし、それに伴って利益を上げてきたスーパーマーケットの惣菜部門。手づくり惣菜から始まったさまざまな惣菜商品は、人手不足などの要因もあ り、いつの間にか人手から食品メーカーの業務用加工惣菜に取って代わられた。その結果、日本全国のスーパーマーケットの惣菜売場はきれいにおいしそうに変 わったが、その代わりに、みんな同じような売場になってしまった。どこに行っても同じ売れ筋商品。流行商品も同じだから、激しい同質競争に陥る。つまり激 安惣菜競合になり、利益が低下するとともに品質の低下も始まっている。 これはスーパーマーケットの惣菜ビジネスが成熟期に入ったことを意味している。…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください