印刷プレビュー
月刊商人舎 2014年07月

The Essentials of Druckerism

「客・店・店員・店主」を知識商業の視点で整理する

2014年07月10日

<結城義晴> 「ドラッカーは小売りサービス業を応援している!」私はいつも、そう思う。 それだけでドキドキ、ワクワクしてくる。心が躍動してくる。 拙著『店長のためのやさしい《ドラッカー講座》』のサブタイトルを、こう決めたのは、万一、本の中身を飛ばし気味に速読してしまう読者がいたとしても、本の表紙や扉の一文を見ただけで、元気が湧いてくると考えたからだ。 しかし、何度読んでも、どれを読んでも、読めば読むほどに、20世紀の巨人ピーター・ドラッカーは小売りサービス業を応援している。そのマネジメントの理屈や文言を鑑みると、新しいチェーンストア組織を支援している。だから本特集のタイトルは、The Retailer's Druckerism。「小売流通業のためのドラッカー主義」。  ドラッカーはもともと小売りサービス業に肩…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください