印刷プレビュー
月刊商人舎 2013年12月

 Special Interview 


齋藤充弘 全日本食品(株)代表取締役会長

「モノを売る商売」と「人が人に売る商売」

2013年12月10日

齋藤充弘(さいとう・みつひろ)氏 1946 年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。ダイエーを経て、72 年全日本食品入社。2001 年に代表取締役社長に就任。FSP(フリークエント・ショッパーズ・プログラム)をはじめIT に積極投資し、全日食が誇る先進的な情報システムを構築する。2013 年9 月から現職。 結城 12年間、全日本食品の社長を務められ、9月に平野実さんにバトンタッチしました。 齋藤 平野社長は選挙で選ばれました。AKB48と同じです。 結城 それは初めて知りました。 齋藤 2年前に私の後任の社長になってもらう人を選ぼうということで、全日本食品の取締役・執行役員15名、全日食チェーン協同組合の理事長15名の合計30名で検討を始めました。まず社長にふさわしい人物像を出してもらったのですが、みんな自分がなると思ってい…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください