印刷プレビュー

コストコニュース|第2四半期は増収減益で会員費値上げ発表

2017年03月08日

コストコホールセールの第2四半期は2月12日に締められた。日本流にいえば2016年度上半期。ただし24週の集計。売上高は565億9900万ドル(1ドル100円換算で5兆6599億円)。前年同期比4.4%増。会員費収入は12億6600万ドル。総収入は578億6500万ドルで、こちらは4.5%増。純利益は10億6000万ドル。
http://magazine.shoninsha.co.jp/wp-content/uploads/2013/10/costco.jpg

一方、第2四半期の、こちらは12週の売上高は291億3000万ドル、5.7%増。会員費収入は6億3600万ドルで、5.5%増。総収入は297億6600万ドル。そして純利益は5億1500万ドルだが、これだけ7.5%の減少。そしてこの第2四半期の時期、つまりホリデー商戦を含む期間に、粗利益率が前年同期に比べてマイナス0.2%の11.0%。これは明らかに、ネット販売への対策で、利益分を顧客に奉仕したから。

コストコの第2四半期は増収減益だった。珍しい。

既存店売上高は国内が3%増、カナダが8%増、その他の国際が2%減で、トータルは3%増。

さらにこれが重大な変化だが、今年6月1日から会員費を値上げする。通常会員は5ドル、エクゼクティブ会員は10ドル。前回の値上げは2011年11月だから、妥当な時期ではある。

しかし、コストコに、ちょっとした異変が起こっていることは確かだろう。杞憂に終わればいいのだが。

検索ワード;コストコ 会員費値上げ  

コストコ最新記事記事一覧はこちら