印刷プレビュー

セブン&アイニュース|大規模商業施設「プライムツリー赤池」今秋オープン

2017年04月19日

セブン&アイ・ホールディングスは2017年秋、東海地方で初となるショッピングモール「PRIME TREE AKAIKE(プライムツリー赤池)」を愛知県日進市赤池に出店する。

日進市赤池は「住みよさランキング2016」で全国26位、愛知県では4位に選ばれるほど、新たなブランドタウンとして急成長を続けている注目のエリア。この赤池エリアに「日進赤池ヒルズ」が誕生する。場所は地下鉄鶴舞線・名鉄豊田線「赤池」駅の南、国道153号線の西に広がる丘で、施工面積約40ヘクタール、総計画戸数1440戸の街づくりが計画されている。

その中核商業施設として「プライムツリー赤池」が出店する。敷地面積約4万4700㎡、店舗面積約4万3600㎡におよそ180店舗の専門店を揃える日進エリア最大規模のショッピングモールとなる。国道153号線豊田西バイパスそばに立地し、「赤池」駅から350m、徒歩4分と交通アクセスも良い。

「プライムツリー赤池」が目指すのは、その名のとおり「プライム=極上」で、ショッピングモールの五つ星。こだわりの外観デザインや内装を施し、吹き抜け空間は、時間帯に合わせた照明の調光で演出する。また施設のシンボルとなる大階段を設け、コミュニティーの場として演奏会などのイベントを開催する。

20170419_daily_06png

約180の専門店の中には「イトーヨーカドー」「アカチャンホンポ」「セブン-イレブン」などのグループ店舗のほか、愛知県初、ショッピングモール初という店舗と、地元の人気店を多数出店させる。

「フードホール」は地域最大級の飲食・食品ゾーンと、話題の店舗が期間限定で楽しめる新感覚ゾーンで構成する。ジャズの生演奏などのイベントが開催される「フードコート」も用意する。

また10スクリーン約1800席の「シネマコン」や「体感型アミューズメント施設」といったエンターテインメントゾーンや、遊びを通じて子供の感性や知性を育む施設と「多目的レンタルパーティルーム」のキッズゾーンも揃う。


エントランス4つで、それぞれに個性を持たせる。
南西エントランス:Grand Gate(グランドゲート)
プライムツリー赤池の玄関口。豊かな自然の街並みに溶け込むよう「木の素材」を使用。
北東エントランス:Brick Gate(ブリックゲート)
周辺の住宅街に馴染むように「レンガ」をモチーフに風格あるたたずまいを表現。
南東エントランス:Terrace Gate(テラスゲート)
土を意識した陶磁器風の壁面で彩られた快適なテラス席では、くつろぎの空間を演出。
北西エントランス:Green Gate(グリーンゲート)
街と共に成長していくことを表す「植栽」を施したゲートは、食のエリアに通じるエントランス。


■プライムツリー赤池概要
名称/PRIME TREE AKAIKE(プライムツリー赤池)
所在地/日進赤池箕ノ手土地区画整理事業地内11街区
地下鉄鶴舞線・名鉄豊田線「赤池駅」から徒歩4分
事業者/㈱イトーヨーカ堂、㈱セブン&アイ・クリエイトリンク(セブン&アイ・ホールディングス傘下のデベロッパー会社)
敷地面積/約4万4700㎡
店舗面積/約4万3600㎡
建物構造/店舗:1F~4F
駐車場/B1F、4F、RF、立体駐車場
店舗数/約180店舗
グランドオープン/2017年秋

検索ワード:セブン&アイ・ホールディングス  プライムツリー赤池  ショッピングモール  愛知県  

セブン&アイ最新記事記事一覧はこちら