印刷プレビュー

アオキスーパーニュース|創業75年祭企画実施などで増収だが増益とはならず

2017年04月17日

㈱アオキスーパー(本社:名古屋市、青木俊道代表取締役社長)2017年2月期の非連結業績は、営業収益1059億5400百万円(前年同期比1.2%増)、営業利益25億2500万円(16.0%減)、経常利益26億100万円(15.4%減)、当期純利益13億7100万円(21.7%減)の増収減益。

20170417_aoki

今期は「創業75年祭」を開催し、買物券のプレゼントや観劇招待などを企画した。そのほかにもポイントカードの新規会員募集や食品メーカーとの共同企画によるIHクッキング教室を本社ビルにて実施。競合店対策としては、四半期に一度の大感謝祭、週に一度の日曜朝市、95円均一(本体価格)などを展開した。数々の企画により増収となったが、店舗間競争の激化や生鮮食品の相場変動、労働需給の引き締まりなどの影響もあり、減益となった。

2016年3月に刈谷店、4月に大高店、6月に前後店、10月に長久手店と次々にリニューアルオープン。とくに11月にリニューアルオープンした大治店は、より機能的で清潔感のある店舗にデザインを一新した。今期も引き続き既存店のリニューアルや店舗規模の適正化と社内業務の標準化に取り組む。そして、愛知県に的を絞り店舗の強化をすすめる。

2018年2月の業績予想は、営業収益1065億円(前年同期比0.5%増)、営業利益25億5000万円(前年同期比1.0%増)、経常利益26億1000万円(前年同期比0.3%増)、当期純利益15億円(前年同期比9.4%増)。増収増益を見込む。


検索ワード;アオキスーパー 愛知県  創業祭  リニューアル

アオキスーパー最新記事記事一覧はこちら