印刷プレビュー

マルヨシセンターニュース|減収減益で次期見込みも減収減益の一策は?

2017年04月17日

(株)マルヨシセンター(本社:香川県高松市、佐竹克彦代表取締役社長)の2017年2月期の連結業績は、売上高417億1300万円(前期比1.5%減)、営業利益5億6200万円(32.1%減)、経常利益は4億2400万円(39.3%減)。そして当期純利益は1億5900万円(前期は3億2800万円の損失)。

営業利益率1.3%、経常利益率1.0%と、上場企業としては苦しい。非上場企業ならば、考えようもあるが。
異業態店舗との競争にさらされて厳しい状況だ。

20160417_maruyosi

自社の加工センター、フレッシュデポ綾上事業所(とうふ、こんにゃく、練製品の製造、肉、魚の加工及び配送)、フレッシュデポ宇多津事業所(うどん、そば、ぎょうざ、惣菜、寿司、剣山の天然水などの製造及び配送)の活用強化し、生産性の向上に努めている。「原料調達から販売まで」という物流合理化の一貫システムにより、リードタイムの短縮や経費面での効率化を図る。

3月に滝宮店(香川県綾歌郡綾川町)を閉店、7月にグランデリーズ太田店(香川県高松市)を改装オープンさせた。   

現在の主力業態である売場面積450坪型及び600坪型の「提案型スーパーマーケット」に加え、今後は、売場面積300坪から400坪型の新フォーマットの開発に取り組んでいく考えだ。

しかし次期も、営業収益410億円(期比1.7%減)、営業利益4億円(前期比28.8%減)、経常利益3億円(前期比29.3%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は1億円(前期比37.3%減)と厳しい見込みを立てている。これも営業利益率0.97%、経常利益率0.74%。目先の売上げを追わず、原点に返って、1品1品を見直すこと、そして利益にストイックになること。つまり「小さく考える」経営をすること。何よりも従業員と顧客、取引先を大切にすることだ。


検索ワード:マルヨシセンター  2017年 2月期 スーパーマーケット  加工センター

マルヨシセンター最新記事記事一覧はこちら