印刷プレビュー
JAPAN

いなげやニュース|営業収益増も既存店1.7%減と人件費増で27%の大幅減益

2017年05月09日

㈱いなげや(東京都立川市、成瀬直人代表取締役社長)は、2017年3月期の決算を発表した。営業収益2581億2800万円(前年同期比0.3%増)、営業利益23億9600万円(▲27.8%)、経常利益26億5300万円(▲27.9%)、純利益6億5600万円(▲30.8%)となり、微増収も大幅な減益となった。営業利益率は0.9%、経常利益率は1.0%。減収によって利益率は1%ぎりぎり。アメリカのスーパーマーケット業界には「利益は1セント」という言葉がある。つまり1ドルの売上げに対して1セントの利益。いなげやがちょうどそれになったということだ。営業収益に対しては、2015年度および2016年度の新店の寄与が大きく、売上高も2491億3200万円(同0.2%増)と微増収だった。 しかし、お客の節約志向に対応した低価格政策と、鮮魚の資源減少に伴う相場高もあって、売上総利益率は0.…




続きを読みたい方はログイン、または購読のお申込みをしてください