印刷プレビュー

イオンニュース|4月21日、イオンモール日の出が改装オープン

2017年03月17日

「イオンモール日の出」(東京都西多摩郡日の出町)が4月21日にリニューアルオープンする。このモールは2007年11月にオープンして、多摩エリアに欠かせない商業施設として存在感を放ち続けているが、10年目のリニューアルとなる。

リニューアルコンセプトは、「子どもと家族がもっと“いこう(「憩う」「行こう」)場所 ”地域ナンバーワンのコミュニティモール」。

多くのお客から要望のあった家族で楽しめる専門店の充実を図っている。14店舗を新規導入し、かつ既存店舗のうち44店舗が移転・改装を行った。全体の160店舗のうち、3分の1を超える58店舗が刷新される。

エントランスは日の出町の豊かな自然をイメージしたやさしい木目を基調としたデザインに改装された。
hinode1
木材が豊富な日の出町を象徴し、木目基調デザインとなったエントランス。


施設面では、子どもの遊び場としてキッズエリアを新たに2カ所新設。
hinode2
フードコートに新設されたキッズエリア。


フードコートは環境を全面リニューアル。テーブルや椅子などを一新するほか、家族で利用できる「キッズパーク」を新設。パーク内には約100席を備え、あそび場を併設したベビールーム(授乳室)を用意した。
また、女性に人気のトマトスープ麺を提供する「トマトの花」が東京都内に初出店する。

オープン以来、支持されてきた「ユーキッズアイランド」は、人気絵本「トーイングカーのハック」の世界観をイメージした「エアポッツパーク」として改装。リニューアルコンセプトを具現化し、家族連れでエンターテイメントが体験できる。

施設面では、子ども向けの遊び場を3階に2カ所新設。0歳~2歳を対象とした「さくらひろば」、3歳~6歳を対象とした「どんぐりひろば」とそれぞれ名づけた。
hinode3
さくら広場                         どんぐり広場

このほか、各階に設置している「赤ちゃんルーム」(計3カ所)もリニューアル。身長体重計を新たに設置した。
敷地北側に設営しているEV充電器(自動車用充電器)を2台から9台へ増設。うち1台は急速充電器(EV QUICK)として、普及が進む電気自動車利用客の利便性向上を図った。
HINODE
EV充電器のイメージ。



■イオンモール日の出施設概要
所在地:東京都西多摩郡日の出町大字平井字三吉野桜木237-3
専門店数:約160店舗
核店舗:イオン日の出店
敷地面積:約13万1000㎡
延床面積:約12万4000㎡
総賃貸面積:約6万4000㎡
駐車台数:約3650台
駐輪台数:約680台
従業員数:約2800人(内、イオン日の出店:約560名)
営業時間:専門店9:00~21:00(一部店舗を除く)
レストラン街10:00~22:00
フードコート9:00~22:00
イオン日の出店8:00~23:00(1F食料品売場)
9:00~22:00(1Fの一部及び2F/3F)
休業日:年中無休


検索ワード:イオンモール イオンモール日の出 イオン

 

イオン最新記事記事一覧はこちら